ビューティ

靴選びが大変!何を履いても靴ずれしてしまう女性へ

何を履いても靴ずれしてしまう。ツライですよね。駅の登り階段で、前の女性がかかとに絆創膏が貼ってあるのを見かけると、あ、私と同じだ・・・と思ってしまいます。

子どもの頃からずっとそうでした。ビーチサンダルでさえも・・・。大人になってシューフィッターの方に測ってもらったりして、足の幅が狭く甲が薄いから、足が靴の前の方に前滑りしてしまうため、ということでした。

なので、かかとをちゃんと支えてくれないミュールやバックストラップの靴は全然ダメ(涙)。

今日は、私と同じように靴選びに困っている女性のための靴診断のお話です。

靴選び・靴専門店のシューフィッターでもダメ?

足の幅が細くて甲が薄いと教えられた後、勧められた幅が狭い靴を履いたり、セミオーダーのサービスで作ったものの靴ずれを気にしないで履けるパンプスには出会えずにいたんです。

まあ、パンプスを履く機会はかなり少ないのでいいのですが、靴が決まらないとコーディネートって決まらないんですよね・・・。歩いていて出先で靴ずれになって泣く泣く絆創膏貼ったり。

試行錯誤して、スニーカー以外で、私がガンガン歩ける革靴として、今は、細身の紐履のフラットシューズ(プラダ、ファビオ・ルスコーニ)、shoe premoというオーダーのお店のパンプスに落ち着いています。

そういう靴選びができるようになったのは、シューフィット神戸屋さんの「目からウロコの靴選び、靴診断」のおかげ、ちょうど1年前のことです。

(靴の販売はありませんので、買うように勧められることはないので安心ですよ)

靴選び・自分の足のクセ知っていますか?

私は診断してくださったのは岩崎敦子さん

自分の足なのに、これまでプロに測定してもらったこともあるのに、ここでの診断は知らなかったことばかり。ものすごくためになりました。

人の足は、立っているときと座っているときで違うんだそうです。知っていました?

私の足の場合、足首の関節が柔らかいから安定しづらいのだそうです。足がむくみやすい原因もわかったし、合わない靴を履いていたせいで、無意識に前に滑らないようにしていたことで足の指をあまり使わない歩き方になっていたこともわかりました・・・(涙)。

靴選び・大事なのは「かかと」でした

これまで私に合う靴に出会えなかった原因それは「かかと」でした。

靴をホールドするのは「かかと」。私の場合、かかとの幅が細いのだそうで、市販の靴だとホールドできないのだそう。どんなに甲の幅であたりで合わせてもかかとがゆるいので、前に滑って靴ズレになっていたんです。私の「かかと」のサイズは2Aで、そういうサイズは、一般的な靴屋さんやデパートなどには置いていないとのことで・・・。

私が靴を買うとき何を意識すればいいのかや、どこでどんな靴を買えばいいかがわかったので、もうお店であれこれ探し回る必要はなくなりました。これが一番嬉しかったですね。

靴選びに頭を悩ませている女性へ

靴選びはオシャレだけではなく、足にあった靴を履いていないと、体のいろんなところに支障が出てきますよね。腰が痛くなったり、姿勢が悪くなったり。

靴選びに困っている女性は一度診断を受けられてはいかがでしょう?足の診断と合わせて、手持ちの靴の診断もしてくれます(10足まで)。

「目からウロコの靴選び・靴診断」いいですよ。

記事の更新情報をお届けします

[mailpoet_form id=”2″]