ライフスタイル

50代からのライフタイムシフト・人生に感動していますか?

台風19号すごかったですね。被害にあわれた方々が1日も早く日常を取り戻すことを祈らずには入られません。これをご覧のあなたの地域はいかがでしたか?

私が住んでいる地域も警戒レベル5まで出ました。といっても川沿いや土砂崩れの可能性がある地域に対してだったので、避難することもなく、停電もなく、無事過ごせました。

大容量のバッテリー、水、パン、電池など非常用のものといわれるものは買い揃え、備えていましたが、テレビで状況を観ながら不安でたまりませんでした。怖すぎると貧血を起こしてしまう質ので(笑)、深呼吸したり、セルフヒーリングで自分を落ち着かせていました。結局、どこでどう過ごすかは自分の判断なわけですからね、難しいことだなと思いました。

ライフタイムシフト 人生に必要なもの

今回、避難用のものを揃えて生きていくための備えをしました。無事、台風が過ぎて、それらを解いて、「よかったね」と言い合いながら、買いだめしたパンを食べたりしながら、 ふと思ったこと。それは生きていくのに必要ものってなんだろう、、、ということ。

生きるというのは命をつなぐの意味もありますが、食べるものさえあれば生きていけるわけではないですよね。精神的なことも含めてのこと。大切な人と日々過ごしていく、とか。

突き詰めるとそこには、自分のやりがい、生きがい、人生における価値観みたいなものが関係してくるのかなと。

ライフタイムシフト 人生は一度きり、だから?

人生は一度きりだから、後悔しないように、、、とはよく言われています。その多くは、「今、無いものを得るため」ですよね。

ですが、そんなに今は満たされていないのでしょうか?すでにあるものの価値を軽く見過ぎていませんか?

だから、今のままで我慢しろとかもっともっとと目指すな、ということではないんです。

今、すでにあるものの価値を十分意識することで、自分に対する自信、自分の周りの環境に対する感謝が全く違ってきます。その上で描くさらに求めるものは、今への不満やネガティブな思いばかりの状態で描くものとは全く違い、もっと可能性に溢れ、自由に描いたものになるはずなんです。

ライフタイムシフト 感動を見つけよう

あなたは自分の人生に感動していますか?明日、どうなるのかわからないし、一度きりの人生だからこそ、やりたいことに躊躇せず、思い切り生きて感動したいと思いませんか?

失敗したってなんとかなる、なんとかすればいいと思いながら。(これは独立するとか、そういうピンポイントのことではなく、プライベートも含め人生の360度全体のこと)

いきなり思い切り生きようとしても、勇気が出ないかもしれません。なので、感動といっても大きなことでなくていいんです。たとえば、風邪で寝込んだ後、その風邪が治って、普段の暮らしに戻ったとき、普通のことができることに、晴れ晴れとした気持ちになったり、ちょっと感動しませんか?そんなふうに日常の中に感動はたくさんあります。

今のあなたの周りにある人生の感動を見つけてみませんか?そうすることであなたの人生はシフトしていくはず。

PS、台風一過の朝、届いたもの

SDGs(Sustainable Development Goalsの略)ってご存知ですか?国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた17の持続可能な開発目標です。

この中に「気候変動に具体的な対策を」というのもあります。その普及に一役買っているのが、このピンバッジ。今年ノーベル化学賞を受賞された吉野彰氏もつけてらっしゃっいました(見かけたとき、嬉しくなってしまいました)。

恥ずかしながら、このピンバッジの存在を知ったのは最近。たまたま地下鉄でつけているおじさまを見かけ、なんのバッチだろう???と思っていたら、その数日後、たまたま友人がFBに「届いたー」とアップしていて、その意味を知りました。で、早速購入していたんですよね。それが台風一過の朝に届きました。

今、自分にできることからやろう、そんなふうに思わせてくれました。バッチも可愛いのであちこち連れて行こうと思います。

記事の更新情報をお届けします