ライフスタイル

50代女性のちょっといい趣味の始めかた

趣味らしい、趣味がなくて。それが何となく悩みっていうのありませんか?何かに夢中になれている人ってなんかうらやましい、みたいな。

私も「これです!」とパッとあげられるようなことはないんですよね。「好きなもの・こと」は結構あるんです。カフェ、本屋、海(特に宮古島)、本を読むこと、推理ドラマ、服、バッグとかね。でも、これ趣味という感じじゃないしなと。

でもね、ここ最近、やっているのは「ウクレレ」「カメラ」「英会話」

いろんなことにちょこちょこ興味があるタイプだから、それならそれでいいじゃんと思ってやってみたいと思ったことは、やってみています。

それぞれね、実はちょっとした想いがあるんです。

ウクレレをやっている理由

ウクレレを始めたのは2年くらい前。きっかけはやっぱり音楽っていいなと思ったから。 言葉が通じなくても、みんなが知っている曲が流れれば、一瞬で場がつながるでしょ。

たとえば、母がお世話になっていた老人ホームで、ウクレレの曲に合わせ、フラダンスのサークルの方が踊ってくれたとき、それをみている入居者さんも一緒に踊っているんですよね、楽しそうに。

あー、音楽ってすごいなって思って。私は海が好きだし、ウクレレって軽いし、家で練習しててもうるさくない。これは最高だなって。

で、近くで自分の都合に合わせてパーソナルレッスンができるところを探して、習い始めたんです。月に1回くらいしかいけていないけど、今では、「時代」とか「未来予想図II」とか「涙そうそう」とかは、よちよちですが、弾けるようになりました^^

カメラを始めた理由

初心者の女性向けのミラーレス一眼を買ったのですが、これは思い出をちゃんと残したかったから。写真はスマホでも撮れるんだけど、ちゃっちゃっと撮ってしまう感じがあるでしょ。ちゃんとキレイに思い込めて撮って残したくなったんですよね。

それでフォトブック作って、あとでみんなで見たりしたら楽しいかなって。

風景もちょっと設定を変えて撮るだけで、印象が変わるんですよ。

写真を撮っていると、その瞬間に集中するんですよね。まさに「今、ここ」に集中する感じ。SNSに人に見せるための写真じゃなく、自分が楽しいから撮る!

カメラがあると、出かけるのが今まで以上に楽しくなりました。

英会話をやっている理由

もともと短大は英文科でした。でもそれは家政科は向いてないと思ったからで得意というわけではなかったんです。転職した先がたまたま外資系で、一般職のうちは、何ら影響無かったんですが、管理職になってから避けて通れなくなり駅前留学へ(笑)。

嫌いではなかったものの、仕事のために習っていたので、ほぼ義務感。あまり楽しいとは思えず。それが会社を辞めてしばらくたってから、たまに本当に気楽にしゃべれたらなと思うようになり(全く話さないと、本当に話せなくなっちゃうし)、カフェで外国人の先生と話す気軽な英会話レッスンを受けるように。

先生がハワイ出身の女性で、自宅に呼んでくれるで、自宅にお邪魔して受けています。やっぱりね、テンションが高いっていうか、思ったことをちゃんというっていう文化の人と話しているのは、私は楽しいです(自分の考えを言わない、言うと嫌がられる雰囲気は苦手なので)。

まとめ

続かなかったらどうしよう、とか、できないかもしれないし、とか思わないで、やりたいなと思ったらやってみればいいんです。やってみなきゃわからないし。

それが、自分以外の誰かも喜べる要素があったら、もっと楽しくなると思うけど、それも無理して、くっつけることもないと思ってます。

 

PS, 「ビジョンデザインコーチ養成講座」の次回の開催予定のお問い合わせをいただくことがあります。次回は10月スタート(オンライン開催)。募集は8月下旬の予定です。記事の下にある「更新情報を受け取る」を登録していただければ、ご案内が届きますので、興味がある方は、ご登録ください。

記事の更新情報をお届けします