ニュース

50代 自分らしく生きる豊かに生きるコツ

「自分らしく」とか「ありのままのあなたでOK」と言われると気持ちはラクになるけど、「こうなりたい!」と目的や目標を持ち、実現するために頑張ることが当たり前に生きてきた女性にとっては、成長を止めてしまうような、人生のレベルが落ちていくように感じるかもしれませんね。私も以前はそう感じていましたし。

自分らしさのスタートは「ありのままの自分をそのまま受け止められる」こと。自分を100%活かせるようになって、豊かに満たされて生きられるようになります。そのワケとコツをお伝えします。

ありのままの自分 vs なりたい自分

「こうなりたい」と理想の未来を描く時、無意識に今と比較して、「足りないこと、欠けていることを埋めるためのことをしなければ」と考えがちです。これがデメリットなんです。

どんなことが起きるかというと

・今でも結構いっぱいいっぱいなのに、まだ何かやるのは心の底ではしんどく感じるので行動まで行かない。アクセルとブレーキを当時に踏んでしまうような状態になる。

・ありのままの自分にO Kを出していないので、セルフイメージが低くなりがち

・ありのままの自分の幸せを見落としがち

・本来の可能性のスケールを小さく考えがち

ありのままの自分にO Kを出せると

ベース(スタート地点)が何か欠けているという状態ではなく、今でもすでに幸せであるという前提でのスタートになるので、より良い状態を引き寄せます(笑角には福来る的な)。

欠乏や不安からではなく、喜びや満たされた気持ちから動くようになるので、自然と動けて現実の変化が加速します。

ありのままの自分にOKを出し受け止めつつ、「どう生きたいのか?」の方向づけを意識して、日々過ごしていく(日々のちょっとした選択などで、その方向づけを意識)。

そうしているだけで、〇〇ができたら、や、〇〇になったらではなく、その時点から、なりたい自分で生き始めていることになりますし、結果的に、なりたい自分に繋がっていきます。未来は日々の積み重ねですからね。

理想の自分は本当になりたい自分?

ここでちょっと振り返って欲しいのは、思い浮かぶ「なりたい自分」が本当にあなたが望む理想の自分のなのか?ということ。

幸せの基準が、知らず知らず他者や世間の価値観の影響を受けていたり、自分のことを後回しにしていると、なりたい自分を考えてみてもワクワクしなかったり、しっくりこなかったりということが起きます。

50代を、そしてこの先も、エンジョイしていくなら、あなたにとっての幸せの本質が曖昧なままではもったいないです。

本当の自分と調和して過ごせているかどうかはこちらですぐにわかります↓

今の自分の生き方に違和感がある大人女性へ
たった15問の質問に直感でYES/NOで答えるだけ!
自分との調和度診断

PS, こちらも人気です。
たった60分で自分に目覚める時間を過ごしてみませんか?

今を楽しみ、未来の自分にときめく後悔しない生き方へ
無料冊子 ライフタイムシフトブック&時間創出シート

 

記事の更新情報をお届けします

[mailpoet_form id=”2″]